【ひろ クリニック】神戸市中央区 三宮 整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、スポーツ整形外科、放射線科、内視鏡手術

ひろ クリニック

リハビリテーション

投球障害について

投球障害とは、野球、ソフトボールなどに代表される球を「投げる」動作によって起こる障害を言います。
主に、肩の痛み・肘の痛みがほとんどで、一般的には「野球肩」「野球肘」として広く知られていると思います。
年齢的には小学生・中学生の発育期に多く発生します。しかし、成人になっても「投げる」事により障害されるケースも稀ではありません。
では、なぜ投球する事によって肩・肘の痛みを発生させるのでしょうか?

一つ目は”投げすぎ”によるオーバーワークです。
「1日200球の投げ込みを続けた」これは明らかに投げすぎです。繰り返し投げることにより、肩・肘へ疲労が蓄積し除々に筋肉・関節・靭帯などに炎症が生じます。それでも無理して投げていませんか?

二つ目は、筋力不足または体の硬さから来る投球時の負担です。
「ベンチプレスが100Kgだから速い球が投げられる」「握力が70kgだから…」これは大きな間違いです。投球動作は”全身運動”と言うことを忘れてはいけません。下半身・体幹・上肢のバランスの良い筋力を必要とします。肩に関して言えば、”インナーマッスル”と言われる投球には欠かせない筋肉のトレーニングが必要です。素早い投球動作の中での肩軸の安定化には不可欠な重要な筋肉です。しかし最も重要なのは下半身・体幹の強化です。下半身・体幹の力・安定性はそのままボールにまで力を伝達します。結果、下半身・体幹を使わずに投げれば腕だけで投げることになるので障害発生の要因となるでしょう。また、捻れとしなりと言う動作的な要素も投球動作には含んでおり、力の伝達には股関節・骨盤及び体幹の回旋力と体(特に胸の張り)のしなりが必要です。軽い下半身、硬い股関節で投げてはいませんか?

三つ目は投球フォームです。
オーバースロー、サイドスロー、アンダースロー様々な投げ方がありますが、基本的に”投げる”動作の理解不足だと考えます。幼少年期に”投げる”と言う動作の指導を受けずにずっと無理したフォームになっている事を多く見受けられます。「肘が下がっている」と良く耳にします。しかし、肘を上げろと言ってもなかなか上手く挙がるものでもありません。先ほども述べましたが、投球は”全身運動”です。また、下半身からの”連動運動”なのです。各ポイントで重要な要素があります。目立って良くないポイントの前の段階が良くないのかも知れません。手投げ、前のめり、投げ急ぎ…フォームを崩して投げてはいませんか?

保存的な投球障害に対して、専門的なトレーニング指導、フォーム指導、投球前後のケア指導などを行います。”無理なく投げる”事で長く投球出来る事になると思います。

理学療法流れ
● 問診(投球暦、ポジション、日ごろの投球数など)
● 評価(全身のチェック・筋力チェック・硬さのチェック・フォームチェックなど)
● 欠点の克服(スローワーズプログラム、下半身・体幹強化、ストレッチなど)
● 投球フォーム練習(フォームの理解)⇒インターバル投球練習⇒投球復帰